花粉対策・紫外線予防に! 春夏のヘアケアにはシルク製品がおすすめ

花粉対策・紫外線予防に! 春夏のヘアケアにはシルク製品がおすすめ

 

春から夏にかけては花粉に紫外線と、美髪をむしばむ強敵が次から次へと現れます。皆さんの髪はパサついたり、ゴワゴワしたり、色が薄くなったりしていませんか?春と夏は外敵から髪を守る対策をしないでいると、あっという間にダメージが蓄積されてしまいます。
そこで今回は、花粉と紫外線が髪に与える影響と今すぐに始めたいヘアケアを詳しく説明するとともに、春夏のヘアケアにおすすめのシルク製品をご紹介します。

 

 

目次

 

 

花粉と紫外線が髪に与える影響とは?

くしゃみ・鼻水・目のかゆみなど、辛い症状を引き起こす花粉。シミ・シワ・そばかすなど、肌トラブルの元になる紫外線。花粉も紫外線も私たちにとって非常に厄介な存在ですが、実は髪へのダメージも大きいことをご存知でしょうか?まずは、花粉と紫外線が髪に与える影響からご説明します。

 

 

・花粉が髪に与える影響

 

花粉の飛散量が増える季節は、思っている以上に花粉が髪に付着しています。目には見えないものなので、対策を怠っている方も多いかもしれませんが、髪に花粉がくっつくとゴワゴワしたり、ギシギシしたり、まとまりがなくなったりします。髪の水分も奪われて、乾燥やパサつきを引き起こす場合もあります。
特に花粉の飛散量がピークを迎える春は、空気も乾燥しやすい時期です。髪に静電気が発生しやすく、花粉を寄せ付けてしまうので、毛髪のダメージも一気に加速します。髪の表面が花粉に覆われるとツヤ感も失われて、パサついた印象に。花粉が頭皮に付着するとアレルギー反応を起こして、痒みや赤みの原因にもなるので注意が必要です。

 

・紫外線が髪に与える影響 

 

 夏に向けて強くなる紫外線には、波長の長いUV-Aと波長の短いUV-Bという2種類の紫外線があります。UV-Aは頭皮、UV-Bは髪への影響が大きい紫外線です。


髪の外側にはキューティクルという魚のウロコのような組織があり、髪の内部組織を保護しています。しかし、紫外線を長時間浴びるとキューティクルは傷ついて髪内部の水分保持力が低下。髪は乾燥してパサついたり、枝毛や切れ毛が増えたりとさまざまなトラブルに見舞われます。


また、髪の内部には紫外線ダメージから髪を守り、色ツヤを保つメラニン色素もありますが、紫外線を大量に浴びるとメラニン色素は破壊されて、髪の色を変色させてしまう場合もあります。メラニン色素を作る細胞までダメージを受けると、白髪の発生率まで上がるというのですから侮れません。


一方、髪内部にまで入り込むUV-Aは髪の成長に関わる毛母細胞にまでダメージを与える恐れがあります。短時間なら影響は小さいものの、長時間にわたってUV-Aを浴び続けると抜け毛や薄毛の原因にもなるので、放置は危険です。

 

 

美髪を守るための花粉&紫外線対策 

 

 

花粉も紫外線も髪へのダメージが大きいので、日頃から対策が必要です。花粉と紫外線予防に効果的な対策を講じて、健やかな美髪を守りましょう。
 

 

・髪をまとめる 

花粉や紫外線の影響が大きい季節は、髪をまとめてからお出かけすることをおすすめします。陽に当たる面積が少ないと、花粉や紫外線によるダメージも最小限に抑えられます。外出する時はポニーテールやお団子ヘアなど、少しでも露出が少ないヘアスタイルを心がけましょう。 

 

・帽子をかぶる 

花粉と紫外線の影響を減らすためには、帽子も大活躍します。特につばの広い帽子は髪だけでなく、顔まで守れて一石二鳥。花粉からも紫外線からも髪や顔をしっかりガードしたい方は、カバー範囲の広い帽子をかぶりましょう。ちなみに、帽子をかぶる時も髪をまとめておくと、毛先へのダメージを減らせます。 

 

・保湿をする 

 1.花粉シーズンの保湿対策

花粉が多く飛ぶ時期はシャンプー後に保湿力の高いトリートメント、入浴後は洗い流さないアウトバストリートメントで乾燥対策をしましょう。パーマやカラーで傷んだ髪には、ヘアマスクのような週に1,2回のスペシャルケアも効果的です。 

 また、洗浄力の強いシャンプーは必要以上に皮脂を落としてしまいます。髪や頭皮を乾燥させるだけでなく、フケや痒みの原因にもなるので、ダメージを最小限に抑えたければ、マイルドな洗浄力で保湿成分も配合されたアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

 

 2.紫外線シーズンの保湿対策

保湿ケアは花粉シーズンだけでなく、紫外線が強い時期にも欠かせません。紫外線を浴びた後、保湿ケアを怠っていると髪は乾燥してパサパサに。トリートメントはもちろんのこと、市販のヘアオイルなども併用して髪の潤いを保ちましょう。
特にケラチンを含んだトリートメントは、紫外線によるダメージケアには最適です。紫外線を浴びると毛髪の主成分であるケラチンが減少しやすくなりますが、ケラチンを補充してあげると髪のハリ・コシ・ツヤがアップします。

 

 

花粉と紫外線対策におすすめのシルク製品3選

 花粉や紫外線の影響が大きい春と夏は日頃からダメージ予防に勤しみつつ、ヘアケアアイテムも取り入れて健やかで美しい髪を保ちましょう。最後に、花粉と紫外線から美髪を守るシルク製品をご紹介します。 

 

・シルクのシュシュ

 

「COCOSILK(ココシルク)シルク シュシュ」


髪を束ねる時に使うシュシュは、花粉や紫外線に晒される髪の面積を減らしたい時に活躍します。なかでも、柔らかな繊維のシルク製シュシュは摩擦が起きにくく、髪へのダメージを減らすことができます。摩擦が大きいシュシュやヘアゴムを使っていると髪の表面にあるキューティクルが剥がれて、美しいツヤが失われてしまいます。


保湿性にも優れたシルクは常に繊維の中に10%ほどの水分を含んでいて、触り心地もしっとり。ヘアケア製品にも配合されているセリンという天然保湿成分も含まれているので、乾燥対策にもおすすめです。

 

・シルクのナイトキャップ

 

「COCOSILK(ココシルク)シルク ナイトキャップ」


花粉や紫外線の影響で髪が傷みやすい春から夏にかけては、日頃から髪へのダメージを減らす対策が不可欠です。特に寝ている時は寝返りによる摩擦で髪のダメージが進行しやすいので、シルクのナイトキャップで髪を摩擦から守ってあげましょう。シルクのナイトキャップには保湿効果もあり、髪や頭皮の乾燥を防いでくれます。寝ぐせや絡まりも起こりにくいので、朝のスタイリング時間の短縮にもつながります。

 

・シルクの枕カバー

 

「COCOSILK(ココシルク)シルク 枕カバー」


就寝中の摩擦対策には、シルクの枕カバーもおすすめです。シルクの滑らかな肌触りはキューティクルの保護にも役立ちますし、保湿力も高いシルクは髪から必要以上に潤いを奪うこともありません。パサついた髪もしっとりまとまって、美しいツヤが復活することも。


繊細で滑らかな質感のシルクは肌への摩擦も起こりにくく、肌ダメージも軽減してくれます。ヘアケアはもちろん、いつもより敏感になりやすい花粉の季節のスキンケアにも活躍します。

 

 

花粉と紫外線による影響が大きい春と夏はいつも以上に対策を!

 

 

春から夏にかけては、花粉や紫外線によるトラブルが増えてくる季節。お手入れを怠っているとあっという間にダメージが蓄積されてしまうので、しっかりケアして美髪を守りましょう。

ココシルクのシュシュやナイトキャップは、パサつきや傷みを感じ始めた髪も優しく守ります。ダメージが進行する前に日々のお手入れに取り入れて、秋以降も年齢を感じさせない美髪を維持しましょう。
 

 

ブログに戻る

関連記事