エイジング毛って!?原因や対策、おすすめのケア方法【毛髪診断士に聞いた!】

エイジング毛って!?原因や対策、おすすめのケア方法【毛髪診断士に聞いた!】

寝ている間の摩擦を軽減してくれるなど、ヘアケアアイテムとして話題の「シルク枕カバー」や「シルクナイトキャップ」。実は白髪や抜け毛、ボリューム不足などでお悩みのエイジング世代にこそ使ってほしいおすすめのヘアケア用品であることをご存じでしたか?

今回はヘアケアのスペシャリストである毛髪診断士の余慶尚美 (よけいなおみ) さんに、エイジング毛の原因やケア方法、エイジング世代にシルクがおすすめな理由についてお伺いしました。

 

目次

 

 エイジング毛の原因

 

 年齢を重ねると肌だけでなく白髪やボリューム不足など、髪のエイジングにも悩まされる方が多いですよね…。加齢による、いわゆる「エイジング毛」はどんなことが原因で起こるのでしょうか。


余慶さん
「髪のエイジングは、体の内側からの影響が大きいです。エイジング世代の多くが悩まされる白髪やボリューム不足は、加齢にともなう代謝の低下や血流の滞り、また女性の場合は女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが主な原因となります。これらがヘアサイクルに影響を与え、白髪やボリューム不足などのいわゆる「エイジング毛」を引き起こします。」

 

 【体の内側からの影響】

 ・白髪
余慶さん
「男女ともに40〜50代前半にかけてのエイジング悩み第一位は白髪です。これは黒髪の元を作る色素幹細胞の減少や働きが鈍ることが大きな原因のひとつ。しかし40代の白髪に関しては、代謝の低下や血流の滞りによるものも大きいので、しっかりと頭皮マッサージを行うことで改善が期待できます。」

 

 ・抜け毛
余慶さん
「男性の抜け毛はM字型やO字型薄毛などに代表されます。これらは男性ホルモンが影響しているため、若い世代でも悩む方が多いです。遺伝性のものがほとんどですが、生活習慣などの影響も少なからずあるので、ライフスタイルを見直すことで改善される場合もあります。しかし抜け毛悩みは自己判断のみに頼らず、しっかり専門医に診てもらうことをおすすめします。
女性は60代頃に頭頂部からはじまり、全体的な薄毛で悩まされる方が多いです。これは加齢に伴いホルモンバランスが乱れ、相対的に男性ホルモンが優位になり始めることが主な原因です。また、出産直後のホルモンバランスの崩れにより一時的に抜け毛が増えたり、最近では20代の若い世代でもファッションの在り方や生活習慣などの変化によって女性ホルモンのバランスが崩れ、血流が悪化して薄毛で悩む方も増えています。

 

 【外的刺激】

 余慶さん
「髪の毛のエイジングは内側からの影響だけではありません。エイジング毛は若い時に比べて摩擦や紫外線、ドライヤーなどの外的刺激が大きく作用するので、さらにエイジング毛が悪化します。そうさせないためにも日頃からダメージを最小限に抑えるケアをすることが大切です。」


とは言え、日常生活ではなにかとダメージに晒されがちな髪の毛。エイジングヘアに合ったケア方法はあるのでしょうか。

 

 毛髪診断士が教える!おすすめのケア方法4つ

 ①一日の汚れは夜のうちに落とす

 余慶さん
「基本的なことですが、髪の毛は夜に成長するので夜間の頭皮環境を整えておくことが大切です。男性は特に夜ではなく、朝にシャワーを浴びる人が多いような気がします…女性よりも皮脂分泌が多く、さらにスタイリング剤を付けっぱなしで寝る…頭皮環境にとっては最悪ですよね。また男女ともに更年期以降は、代謝の低下が頭皮環境にも悪影響を及ぼします。夜のうちに一日の汚れを落とさないと雑菌が繁殖して、抜け毛や薄毛などのエイジングが一気に加速します。だからこそ夜のうちにお風呂に入って、髪と頭皮の汚れを落とすようにしましょう。」

 

 ②それぞれの悩みに合ったシャンプーや頭皮用美容液を使う

 余慶さん
「最近は、サルフェート系(ラウリル硫酸系など)が「悪」でアミノ酸系のシャンプーが「善」という風潮が広まっていますが、これは良し悪しで決めるものではなく、自分に合っているかという観点で判断して選ぶことがとても大切です。
汗や皮脂の分泌が多い方は洗浄力がしっかりめのサルフェート系シャンプーを、乾燥が気になる方は比較的優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶなど、それぞれの体質、年齢、ライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。(※但し、アミノ酸系だからと過信するのはNGです。アミノ酸系でも洗浄力が強いものもあるので、気になる方はしっかりと調べることをおすすめします。)
頭皮用美容液も大事です。頭皮用美容液というと若い世代はあまり必要性を感じないかもしれません。しかし最近は若い世代でも薄毛や抜け毛で悩んでいる方が増えているので、血流促進や毛根にしっかり働きかけてくれる成分が入った頭皮美容液を活用して、健やかな頭皮を目指しましょう。40代後半からの世代は、エイジングケア向けの成分 (例えば「女性ホルモン様作用成分や抗炎症成分」などの有効配合) が配合されているされている頭皮美容液の使用がおすすめです。現在の髪の毛や頭皮の状態をしっかり把握して、適切なケア用品を使うように心がけてください。」

 

 ③髪の毛をしっかり乾かしてから寝る

 余慶さん
「濡れた髪の毛はキューティクルが開いて弱っている状態なので、摩擦によるダメージを受けやすく褪色の原因にもなります。さらに、キューティクルが開いていると髪の毛を構成しているタンパク質や水分、ミネラルなどの栄養が逃げてしまう原因に。また濡れた状態は頭皮も雑菌が増えやすいので、頭皮環境悪化に直結します。とにかく髪の毛が濡れている状態は良いことがひとつもありません。しっかり洗って乾かす。基本的なことですが、髪の毛のエイジングケアにおいては徹底してほしいです。」

 

 ④摩擦を軽減してくれる寝具を使う

 

 余慶さん
「睡眠時に長時間髪の毛に触れている枕カバーも、ヘアダメージの原因のひとつ。シルク素材の枕カバーは繊維が細かくやわらかい肌触りなので、ダメージを受けやすいエイジング世代の髪の毛や頭皮におすすめ。ヘアケアとなると髪の毛に直接触れるものばかり気にしてしまいがちですが、シルク素材のパジャマもおすすめです。シルクは、吸湿性や放湿性などの機能性にも優れているので、着用するだけで睡眠の質向上に繋がります。良質な睡眠を取ることで血流が良くなるので、お肌や髪の毛の成長にも良い影響を与えてくれますよ。」

 

 髪の毛のエイジングケアにはシルクがおすすめ

 余慶さん
「エイジング世代の繊細で弱っている髪の毛におすすめのケアアイテムがシルクです。シルクは繊維が細くやわらかいので髪にやさしく、摩擦などのダメージを軽減してくれます。さらにシルクの特性上、天然の保湿効果も期待できますし、吸湿性や放湿性も兼ね備えているので頭皮環境を清潔に保ってくれるという働きも。髪だけでなくお肌にもやさしい素材なので、一石二鳥ですよ。」

 

 おすすめのシルクアイテム3選

 ・エイジングヘアに必須!枕カバー

 

商品ページはこちら

 余慶さん
「エイジングヘアのケア用品として、まず始めに使ってほしいのがシルクの枕カバー。機能性等が優れているのはもちろんのこと、枕カバーを変えるだけで簡単にヘアケアができるので、仕事や子育てで忙しい方にもおすすめのアイテムです。しかし、摩擦を防いでくれて髪の毛にやさしい繊維とは言え、清潔でなければ雑菌が繁殖し、頭皮環境の悪化を招きます。シルクの枕カバーに限らずですが、摩擦を防ぎつつ健康的な髪の毛を育むためには3~4日に1回洗濯を行って清潔な状態で使用しましょう。洗濯が億劫に感じる方は洗い替えを用意しておくと安心ですよ。」

 

 ・髪や頭皮を集中ケア!ナイトキャップ

商品ページはこちら

 余慶さん
「枕カバーと併せて是非使ってほしいのが、シルクのナイトキャップ。ナイトキャップは、弱っているエイジング世代の髪と頭皮をやさしく包み込み、全方位から摩擦や乾燥などを防いでくれます。特にロングヘアの方は枕カバーだと毛先までケア出来ないので、ナイトキャップが必須。ロングヘア用のナイトキャップは布の長さを選べるので、毛先の跡が付きづらくておすすめ。もちろん枕カバー同様に定期的に洗濯を行い、清潔な状態で使用することが大前提です。」

 

 ・日中もダメージを軽減!ヘアゴム、シュシュ

 

商品ページはこちら

 余慶さん
「シルクが活躍するのは寝ている間だけではありません。日中も髪や頭皮は摩擦や紫外線などの様々なダメージに晒されています。シルクのヘアゴムやシュシュは他の繊維に比べて繊維が細くやわらかいので、圧倒的に結び目にかかるダメージが少ないです。ダメージの軽減だけでなく、結び目に圧がかかり過ぎないので、頭皮への負担も軽減してくれて抜け毛対策にもなります。ファッションとして活用している人が多いヘアゴムやシュシュも、素材をシルクに変えるだけで日中のヘアケアアイテムとして活躍してくれます。」

 

 シルクでエイジングケア

 年齢を重ねることによって体の内側から生じる、髪の毛のエイジングは誰しも避けられません。しかし正しいケアを行っていれば、髪の毛にかかるダメージを軽減し、若い頃のようなハリコシのある髪の毛を保つことは可能です。中でもシルクは、繊維が細くやわらかいうえに、機能性にも優れているので、エイジングで弱った髪の毛のダメージケアにとってもおすすめ。夜は枕カバーやナイトキャップ、日中はヘアゴムやシュシュを活用して快適なエイジングケアライフを送りましょう。

 

 余慶尚美(よけいなおみ) 美容家&ヘアケアリスト(毛髪診断士)

 2007年よりリンパドレナージュサロン「Flow」を経て、現在ではセラピストから活動の場を広げ、「美巡(びじゅん)」をテーマにメディア出演や数多くの美容や健康に関わる製品サービスの企画監修、プロデュースを手掛けるなど幅広く活動している。ヘアケアリストとして髪の総合的な知見に加え、巡り、漢方美容、薬膳といった観点を取りいれた美髪メソッド「髪トレ」を考案。美しい髪の作り方はもちろん、髪と共に生きていく女性のライフスタイルまでケアする活動に力を入れている。


インスタグラム https://www.instagram.com/yokenao/ 
HP:http://yokeinaoko.manna-heart.jp/

 

ブログに戻る

関連記事